長野/松本/軽井沢 メンズセラピストゆうじ

『女性に、心からの癒しと満足のひとときを。。。』 あなたの時間が、まるで木漏れ日に包まれたようにゆったりとリラックスできるひとときであるように、心をこめておもてなしいたします。

ソフトクリームツアー、穴場はスエトシ牧場

暑かった7月、8月からするとずいぶん過ごしやすくなって、いろんなところに“秋”を感じるようになりましたねぇ・・・ゆうじです。

先日のお休みに、友人を誘って近場をドライブ。
せっかくだから、涼しい高原にでも行こう とR254を下仁田方面にクルマを走らせぶらぶらと。

標高1000M以上の高原でも、日中はやはりまだ暑いですね。

このあたりには牧場がいくつかあるので、ソフトクリームののぼりを発見しては立ち寄ってソフトクリームを食べたり、動物たちを眺めて癒されたり。。。

そんな中、スエトシ牧場というところに行ったのですが、ここがファーストインプレッションを裏切って、結構楽しめました。

suetoshi

牧場といっても意外とこじんまりしていて、田舎の牛飼ってる友達の家・・・みたいな雰囲気。

でもその中にはたくさんの種類の、たくさんの動物たちがいます。

や豚、ヤギ、ニワトリ、七面鳥、アヒル、犬、猫・・・そしてラマなんてめずらしい動物も。

県道44号線のすぐ脇にある牧場には無料で入れて、それらの動物がすごく近くで見られるし、ミニチュアホースとかただその辺に放たれてるので触れることもできるし、有料ですが乗馬体験もできるみたい。。。

加えて、ネコ派のゆうじがイチバン興奮したのが、ベンガルキャットの子猫を初めて眼にしたこと。

小柄だけど精悍で機敏、山猫の野性味をもったベンガルは、ゆうじの好きな猫種のひとつで、飼うことを真剣に考えていた時期もあったのですが、実際に会うのは初めてで、その魅力にメロメロになりましたぁ。

しかもその仔たちは完全な放し飼い。
牧場の中の庭や表の県道まで自由に走り回っていて、「やっぱり動物は自然の中にいるのがいちばんなんだ」と思ってしまいました。

帰ってきてちょこっと調べたら、引退した競走馬がここに来て余生を送ることも多く、奥の馬房にはたくさんのサラブレッドたちがいたようです。

とにかく、動物たちがすごく近いのと、どの動物たちもどこかしあわせそうだと感じられる雰囲気があって、こちらまで“ほこっ”としあわせな気分になれたひとときでした。

最後に、ここスエトシ牧場で食べたソフトクリームが、このあたりで一番濃厚で美味しかったということをご報告して、この日のソフトクリームツアーのレポートを締めさせていただきます。

こちらもひとつ、ポチッとよろしく。

-スイーツ・グルメ, 日々のこと