長野/松本/軽井沢 メンズセラピストゆうじ

『女性に、心からの癒しと満足のひとときを。。。』 あなたの時間が、まるで木漏れ日に包まれたようにゆったりとリラックスできるひとときであるように、心をこめておもてなしいたします。

システム&サービスのご案内・その2

昼間はやっぱり暑い

甘いものは好きですが、こう暑いとアイスクリームよりガリガリくん・・・ゆうじです。

前回に引き続いて、当店のシステムとサービスについてご案内。
(注:2012年11月18日追記/ショップは閉店いたしましたが、大まかな流れは変わりません。ご参考に)
今回は『施術の手順・オイルマッサージの流れ(ゆうじの場合)』についてご説明します。

1.カウンセリング
ご自宅や別荘、ビジネスホテルやファッションホテルなど、お客様のご指定の場所にうかがい入室しましたら、ご挨拶のあと、まずカウンセリングを行います。
特に疲れやむくみなどが気になる部位や苦手な部位(足裏がくすぐったくてダメ・・・など)、施術の力加減のリクエストなどをお聞きし、お客様のご希望にあった施術をプログラムします。
アロマトリートメントを行う場合は、その時の気分や体調に応じてエッセンシャルオイルを選びます。
2.入浴(施術準備)
お客様には、お風呂に入ってカラダを温めていただきます。
シャワーでも結構ですし、セラピストがうかがう前にあらかじめ入浴を済ませていただいても構いません。

その間にセラピストは施術の準備を。
ゆうじの場合は、その日のお客様のコンディションにあったアロマを焚き、キャンドルに火を灯してリラックスできる空間を整えてお客様をお迎えします。

入浴が済みましたら、紙ブラと紙ショーツを着けていただき、ガウンを羽織って部屋にお戻りください。

3.施術の開始(タオルワーク)
ガウンのまま仰向けにベッドに横になっていただきます。
セラピストがバスタオルをカーテンのようにして壁をつくりますので、ガウンを取りうつ伏せになっていただきます。
うつ伏せになったら、壁にしていたバスタオルをそのままお客様に掛けます。
こうすることで、セラピストはお客様の下着姿を目にすることなく、施術の体勢に入っていただけます。
4.脚の背面・かかと・足裏の施術

lesson03

掛けてあるバスタオルを下の方に腰のあたりまでずらし、上半身にはもう一枚バスタオルを掛けます。
これは全身をしっかり覆うため、かつ上半身・下半身の施術部位だけタオルを外して施術しやすくするためです。
脚は片方ずつ行いますので、片方の脚が出るようにタオルをずらしてオイルをしっかりとなじませたあと、ゆっくりと筋肉をほぐしながら施術していきます。
圧をかけたり、もみほぐしたり、指圧したり・・・この間力加減などをお聞きしながら施術します。
普段立ち仕事が多かったり、ハイヒールを履くことが多い方は、ふくらはぎやアキレス腱などは特に効くようですね。
5.首・肩・背中・ウエスト・腰の施術
両脚の施術が終わると、上半身背面の施術に移ります。
上半身に掛けたバスタオルをずらしてブラのひもをほどいたら、オイルをたっぷりとなじませてから、首・肩・背中の筋肉・肩胛骨周り・ウエスト・腰とほぐしていきます。
肩のこりや首筋・背中の張り、腰の痛みなど特に気になるところがあれば念入りに施術いたします。

この上半身の施術のとき、眠ってしまう方がほとんど。。。
リラックスしていただけているとすれば、うれしいです。

6.脚前面・足の甲・足首・足指の施術
ブラひもをむすび、上半身にもバスタオルを掛けたうえで、再びタオルで壁をつくりますので、仰向けに体勢を変えていただきます。
仰向けになったらタオルを掛け、片脚ずつ施術していきます。
背面に比べて筋肉量が少ないですが、脚の付け根のリンパ節に向けてしっかりと流していきます。
7.腕・手の施術
最後に腕と手の施術。
やさしく手を取り、ゆっくりと施術し、指の1本1本までしっかりと。
8.施術が終わって
タオルで壁をつくり、ガウンを羽織っていただきます。
施術が終わったあとは、ミネラルウォーターかハーブティでしばし余韻をお楽しみください。
オイルは施術部位ごとにその都度タオルで拭き取りますのでそのままでもいいのですが、ご希望によりホットタオルで軽く拭くかシャワーで軽く洗い流していただいても結構です。
セラピストがあと片付けをする間にお着替えをお願いします。

と、以上のような流れになります。

上記をひととおり行いますとおよそ120分ですので、ご希望のお時間によっては内容を少し絞ったり、逆に時間をしっかり取って念入りに行ったり、お客様に合わせて調整します。

まだまだお聞きになりたいことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。
ブログのコメントやメールでお問い合わせいただければ、ゆうじがお答えいたします。

60分無料体験
  好評開催中

次回は、お申し込みからお別れするまで、システムの流れについてご説明します。

※注)
記事中の画像は、セラピストの講習時のものであるため、タオルワークなど実際の施術時とは異なります。
脚の施術時は施術する側の脚のみタオルを取ります。

※所属ショップの閉店(2012年11月)により、現在とシステム・サービスが異なる場合があります。
 詳しくは最新のエントリーをご覧いただくか、メール( uuuuji0310@gmail.com)にてお問い合わせください。 

-オイルマッサージ, システム・サービスについて